クレジットカードで納税をするメリットとデメリットとは

クレジットカードで納税をするメリットとデメリットとは何か

国税の支払方法はどうするか

インターネットバンキングやクレジットカードの普及が進み、銀行にわざわざ行かなくてもインターネット環境があれば振り込みや決済が手軽にできる時代です。 国税も今までは送付されてきた振り込み用紙で支払うのが主流でしたが、国税の種類によってはクレジット決済できるようになり、振り込み方法の選択肢が増えました。

クレジットカードで国税を支払うメリットは

同じ金額を支払うなら利用することでポイントが加算されるクレジットカードはお得な決済方法です。 ポイントが貯まるとショッピングで使えるので今の時代の節約方法とも言えます。 国税をクレジットカードで支払う事の一番のメリットは決済に利用することでショッピングで使えるポイントが加算されることかもしれません。

国税をクレジット決済するデメリットは何か

クレジットカードはお金を使っているという感覚が鈍くなりがちなので、何でもかんでもクレジット決済をしてしまうと限度額を超えたり、支払いが無理になるので計画的に使用する必要があります。 ポイント加算に注目しすぎて忘れがちなのが手数料です。 使用するカードや状況によっては手数料の方が高くなることもあり得ます。

クレジットカードで納税のメリットは何か

ショッピングの支払いでは利用する機会も多い便利なクレジットカードですが、国税の支払方法としても選択できるのはご存知でしょうか。

今までの納税は、税務署の窓口、金融機関の窓口、コンビニのレジe-taxを使う方法がありました。
そこに数年前から追加されたのがクレジットカード決済です。

従来の方法だと忙しいと忘れてしまったり、ついつい先延ばしになって気がついたら期日が切れていて慌ててしまう事もあるかもしれません。
振り込みに行く事が面倒だと感じている人もいるでしょう。

e-taxもインターネット環境があれば納税できるシステムですが、カードリーダーやソフトをダウンロードしなくてはならないので面倒な事には変わらず、環境を整えるのに費用も手間もかかるというデメリットがあります。

面倒くさがりの人、忙しい人、忘れっぽい人には思い立ってすぐに支払えるクレジット決済が手軽で良さそうですね。
クレジットカード決済の良いところはショッピングで利用するのと同じようにポイントが加算されます。
支払わなければならない税金なら、せっかくならお得に支払いたいですし、納税金額が大きいなら尚更ポイント加算は嬉しいのではないでしょうか。

溜まったポイントはお買い物の際に利用できますから、支払いしようといる国税がク
レジット決済の対応をしているかチェックしてから支払いをしたいものです。

またクレジット決済は、手持ちのお金がない時にもひとまず決済できるのが便利で
す。
ただし、何でもかんでもクレジット決済すると支払いが大変になる場合もあるので使
いすぎは気をつけないとなりません。