クレジットカードで納税をするメリットとデメリットとは何か

>

国税の支払方法はどうするか

ポイントが加算されるのが大きなメリット

税金の支払いは金額に関わらず、ちょっと憂鬱な気持ちになってしまいます。
支払金額が大きければ負担も大きいです。

嫌でも割り切って支払わなければなりませんが、そこに何かプラスがあれば嬉しくないでしょうか。
クレジットカード決済の大きなメリットは支払目的が国税であってもショッピングした時と同じでカード会社のポイントが加算されるのです。

ポイントはショッピングで割り引きに利用したり、溜まったポイントに応じてカタログの中から商品に交換することができますね。
通常のショッピングだけではポイントはなかなか加算されないので、国税の支払など大きな金額の支払をするならクレジット決済がポイントを貯めている人にとっては大きなメリットになります。

クレジット決済は負担を軽減できる

冠婚葬祭や子どもの進学や家購入など色々な出費が重なり、税金を支払わなければならないのに手持ちの現金がないと焦ってしまうことがあるかもしれません。
期日が迫ってくると尚更困ってしまいます。

クレジットカードなら決済するタイミングで現金が手元になかったとしても支払することができます。
使用したカードの引き落としは翌月以降になるかと思うので、その時までに引き落とし口座に入金しておけば大丈夫です。

翌月に用意するのも難しいと言う場合は、手数料もかかるので良い方法とは言いにくいですがリボ払いや分割で支払う事も可能です。
まとめて支払うのが厳しい人にとっては一度の支払金額は少なくて済むので、生活への負担を軽減することができます。


Share